「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Mobile Suit Discovery」
 開発系譜図 by PLAMODEL





2015年5月14日〜17日に開催された「第54回静岡ホビーショー」
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Mobile Suit Discovery」が発表され、バンダイブースでプラモデルを使った開発系譜図が展示されました。




最初の立体開発系譜図にはモビルワーカー後期型、プロトタイプグフ(機動実証機)、プロトタイプグフ(戦術実証機)の三体のプラモデルが展示されました。




2016年5月12日〜15日開催「第55回静岡ホビーショー」
ジオニック社の流れとして、モビルワーカー後期型、YMS-03 ヴァッフ、MS-05 ザク、MS-06 シャア専用ザクⅡ、MS-06R-1A 高機動型ザクⅡ、YMS-07B-0 プロトタイプグフ機動実証機、YMS-07B-0 プロトタイプグフ戦術実証機
ツイマット社の流れとしてMS-06RD-4 高機動試作型ザク、YMS-08B ドム試作実験機が並び、ジオンのMS開発の流れが立体系譜図として展示されました。
1年で系譜図も大分充実してきました。




2016年8月11日〜14日開催の「ガンプラEXPO2016池袋」
地球連邦軍のMS開発の流れにRX-78-01[N]RAG-79-G1 水中型ガンダム(ガンダイバー)を掲載。
ついに地球連邦軍の期待が登場しました。今後どのように系譜図が広がっていくのか気になるところです。




2016年9月23日〜25日開催「第56回全日本模型ホビーショー」
立体開発系譜図も公式サイトと同じ形での展示となりました。



ホームページの開発系譜図はプラモデルの発売に合わせこれからも更新されていきます。
そして来月はついに第56回静岡ホビーショー。
企画の立ち上げから3年目をむかえ、商品ラインナップも充実してきました。
どのような展示になるか、楽しみにお待ちください。







SUNRISE ©SOTSU・SUNRISE 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。

ページトップへ