速い! やっぱりシャアは速いっ!!

架空の物語だとわかっていながら、それでも宇宙世紀の史実を描くドキュメントのように真に迫るものを感じました。
いよいよ一年戦争が始まります。新型MSとして姿を現すザクに胸が熱くなり、コロニー落としに震撼し、ハモンさんに魅了され、カイ・シデンのクズっぷりにミハルを想い、ドズルのドズルっぷりに拍手。ああ、ミネバ様…。

しあわせなひとときをありがとうございました!
さあ、そろそろ大地に立つか?! ガンダム!!
及川 光博
こどもの頃、その名を耳にしただけで胸が騒いだルウム。
漫画原作で展開が明らかにされたルウム。
THE ORIGIN I の冒頭で近景が公開されたルウム。
遂にその遠景を見ることができる日がやってきたとは。
円城 塔
THE ORIGIN は、ついに5作目!
いよいよ赤い彗星のシャアが…! という部分を丁寧に描かれてて次作が今からもう楽しみになるような今作になってました。
今作の中で、ハモンさんが歌うシーンがあります。
う、う、う、美しい! 美しすぎます! ハモンさん!
このシーンは、本当魅入られるので要注目です!
小池 美由
えええーーー!! ここで終わっちゃうのぉーーー!!
あっという間に観入って終わってしまったぁ!!

しかし人間臭くていいですなぁ…各キャラクターの個性が❤
ランバ・ラルといい、セイラさんといい…感情が爆発する瞬間がたまらなくいいですなぁ❤
そして…ハモン、泣けます。
しかし…ドズルは可愛い❤

安彦先生!!
この後のエピソード 一年戦争までぜひとも引き続きよろしくお願いします!!
期待してます!!

第6話『誕生 赤い彗星』は…来年かぁ…待ち遠しすぎます…
鈴木 英哉(Mr.Children)
『機動戦士ガンダム』の中で僕はジオン軍の面々が好きなのです。理由は皆さんもお分かりでしょう。
本編では主人公アムロの敵として登場する彼等なのですが、その溢れる人間味に僕も痺れたクチです。
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』ではこれでもかと彼等にスポットが当たっています。
二十歳の時に観た全43話のガンダム、あれから12年、僕は再び彼等の生きざまに痺れています。
DJ LOVE(SEKAI NO OWARI)
ルウム会戦がこんな艦隊戦を描いていて、この後のニュータイプの戦いがどうなってしまうのか楽しみでしかない。
映画監督 本広克行
これまでより30分ほど長いエピソードの中に詰まった喜怒哀楽の数々!
カイさんとアムロの短い大冒険やコロニー落としの悲惨な物語、シャアザクとセイラさんの弱さと強さとカリスマ性。
まさに幕の内弁当のように楽しみました!!
声優さんたちの声も更に馴染んで聞こえてきました。
何度でも噛み締めたい作品です。
喜屋武 ちあき
昨年歌わせて頂きました『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜』のテーマソング♪ 宇宙の彼方で♪。
サビの歌詞に出てくる「争いが始まる」の争いは1979年のファーストガンダムの一年戦争を表していますが、大きなバトンを頂き、大変光栄でした!

その一年戦争の始まりである『ルウム会戦』。
ジオン軍の人間模様、可愛いはずのセイラの気迫、ドズルの気付きと苦悩、もう、心が忙しかったです!
シャアのあの表情、瞳がハッキリと見えている訳ではないのに、ゾクッとする表情を描き出す安彦総監督はじめ、スタッフの皆さん、本当に素晴らしいと改めて思いました。
服部隆之先生の壮大なエンディングに包まれ、『誕生 赤い彗星』の期待が更に、高まりました。

こんなに素敵なガンダムのテーマソングを10代、20代、30代、40代と歌わせて頂き誇らしいです!
森口 博子
NEW!
え? カイさんって、もうちょっと斜に構えた、中心からちょっと外れたところにいる人じゃなかったっけ?
え? ドズルって、もうちょっと軍人っぽいゴリゴリの人じゃなかったっけ?
え? オルテガって……?
え? え? え?
と、どれもこれも、いい意味で期待を裏切られる「安彦さんのガンダム」。
今作も気持ちよく観させていただきました!
次回も楽しみにしています!
土田 晃之