FA-78-2 ヘビーガンダム

RX-78-01[FSD] ガンダムFSDの開発を経て、2つのプランが地球連邦軍内で進行していた。ひとつはRXナンバー機の完全量産、もうひとつは増加ウェポンシステム「FSWS(Full-armour System and Weapon System)計画」である。FSWS計画は増加装甲と武装によりRX-78を強化するプランで、いくつかの機体案が検討されていた。FA-78-1 フルアーマーガンダムが装甲の上から増加装甲と武装を装着したタイプであったのに対し、FA-78-2 ヘビーガンダムは装甲自体を重装化した機体である。火力、装甲性能、機動性の向上が図られている。


RX-78-01[FSD] ガンダムFSD

RX-78-01[N]の試験が完了し、量産型であるRGM-79 ジムの開発が進むなかで、改めてRX-78タイプ機の部隊運用を視野に入れた開発が下命された。RX-78-01[FSD] ガンダムFSDは、各種装備や機器を強化・改修を目的とした全規模開発(Full-Scale Development)機である。RX-78-01[N]の地上試験を担当したチームが中心となって開発。RX-78-01[N]との共通パーツが見受けられるが、量産化を前提に再設計されているため、基本性能はRX-78-01[N]よりも向上している。




MS−11 アクト・ザク

MS-06 ザクⅡの後継を目指したMS-11 アクト・ザクは、格闘戦を主眼に設計されていた。関節駆動系には、地球連邦軍のモビルスーツと同じフィールド・モーターを採用。動力用融合炉が改良・小型化されたことで出力が上昇し、ビーム・ライフルやビーム・サーベルなどビーム兵器の装備が可能になった。ほかに新開発の4連装マシンガン、大型ヒート・ホークが考案されていた。急ピッチで開発が進められるも完成には至らず、テストタイプのYMS-11がキシリア部隊に配備されるに留まった。



YMS−11 アクト・ザク(キシリア部隊機)

ジオン公国軍上層部は停滞した戦局を打破するべく、極秘の兵器開発プラン「ペズン計画」を発案した。サイド3に本部が置かれ、小惑星ペズンに建設された工廠では、次世代を視野に捉えた新型モビルスーツが開発されていった。MS-06 ザクⅡの後継を目指していたのがMS-11 アクト・ザクであり、キシリアの部隊に配備された機体はテストタイプであった可能性が高い。機体の一部にMS-06の装備が転用されており、後年、「YMS-11」の型式番号が与えられたが本来のナンバーは不明となっている。




YMS-06K ザク・キャノン テストタイプ

ジオン公国軍の地球侵攻作戦に備え、より機動性の高い対空防御の手段として考案された機体である。マザープランでは、単に陸戦型のMS-06Jに対空砲をオプションで装備するのみであった。ランドセルの右側は兵装プラットフォームで、180mmキャノン砲がセットされ、左側面にスモーク・ディスチャージャー、下部に2連装ミサイル・ポッド「ビッグガン」が装着可能であった。頭部も全周囲型モノアイに改修されたが、重量バランスなどの問題をクリアできないまま、開発は進展しなかった。




RX-78-01[N] 局地型ガンダム(ロールアウト)

テム・レイ博士が進めるRX-78計画は地球連邦軍のバックアップを受けて、地球環境での耐久テストは別のチームに委任されていた。RX-78-01[N]は地球での耐環境試験用に試作された機体で、試作機1号(RX-78-10)の余剰パーツと地上で調達されたパーツで構成されている。ロールアウト時は宇宙仕様のショルダー・キャノン付きランドセルで、カラーリングはイエローであった。のちの洋上試験では地上用・水中用装備に換装された。



RCX-76-01A ガンキャノン機動試験型

RCX-76-02 ガンキャノン最初期型の開発では、武装その他の仕様を決定するため、評価試験用に装備の異なる機体が製作された。RCX-76-01Aでは主に機動性能を確認するため、動力および駆動系の試験が実施された。両肩は左右ともガトリング砲に換装され、頭部のアンテナはV字型のタイプが検討されていたようだ。RCX-76-01Aで得られたデータは、開発元のアナハイム・エレクトロニクス社フォン・ブラウン工場に集約され、RCX-76-02に反映された。




RCX-76-01B ガンキャノン火力試験型

RCX-76-01Bは、長距離支援用の装備を検討するために試作された機体である。両肩の兵装プラットフォームには大口径砲がセットされ、右腕は近距離戦闘用の4連装機関砲に換装されている。RCX-76-01Bは頭部にもコックピットが増設され、頭部側に砲手が乗り込み火器管制を行い、機体の操作は腹部側で行われた。大口径砲の射撃試験で機体に受ける反動が想定以上に大きいことが判明し、ガンキャノン最初期型への採用は見送られた。


RX-78-01[N] 局地型ガンダム

RX-78-01[N]局地型ガンダムは、地球で耐環境試験を実施するために試作された機体である。 RX-78-01 ガンダム試作機1号の余剰パーツを地上に降ろして製作され、地上試験では不要と判断された宇宙用装備は地上用・水中用の装備に換装されている。 試験終了後、RX-78-01の余剰パーツをベースにRX-79[G] 陸戦型ガンダムが開発され、洋上試験のデータからRAG-79 アクア・ジム、RAG-79-G1 水中型ガンダムが生みだされている。 このことからRX-78-01[N]が果たした功績は副次的な面でも大きかったと言えるだろう。

型式番号:RX-78-01[N]
頭頂高:18.0m
武装:MS用マシンガン/ビーム・サーベル/シールド
モビルワーカー MW-01 01式 後期型(マッシュ機)

ジオン自治共和国が極秘に進めていた「モビルスーツ」開発計画は“月面開拓用の人型作業機械を開発する”ことを隠れ蓑に進められ、名称も「モビルワーカー」と呼称されていた。「モビルワーカー MW-01 01式 後期型」は、基本構造は初期型から大きく変わらないものの、細部にわたって変更が加えられている。前腕部はモジュール化され、マニピュレーターなど各種アタッチメントに交換可能で、宇宙空間での姿勢制御実験に向けて推進器などの増設も行われている。格闘実験ではマッシュ機はオレンジに、ランバ機は青に塗装された。

全高:16.7m
頭頂高:13.88m
全幅:14.6m
武装:クロー




MS-06RD-4 高機動試作型ザク

推進機関の開発で高い技術力を誇るツィマット社が、宇宙戦用モビルスーツを独自に開発する過程で試作したのが本機である。ツィマット社がジオニック社からザク、グフの委託生産を請け負っていたこともあり、MS-06RD-4にはザクのボディが転用されていた。脚部に研究中のスラスターを搭載し、宇宙空間での機動試験が行われている。MS-06RD-4のデータは、宇宙仕様のYMS-08B ドム試作実験機に継承され、MS-09R リック・ドムを短期間で誕生させる一因にもなった。



YMS-07B-O プロトタイプグフ 戦術実証機

YMS-07の型式番号が与えられたプロトタイプグフは、MS-06Fをベースにしつつも装甲から、冷却装置、推進装置、コックピットのレイアウトに至るまで、全面的に刷新が図られていた。YMS-07には固定武装の増強も併せて求められており、機動テスト用のYMS-07A-Oとは別に新型の固定武装をテストする戦術実証機、YMS-07B-Oも製作された。戦術実証機の前腕はモビルワーカー MW-01 01式 後期型と同規格のアタッチメント方式が採用され、右腕に試作型ヒート・ロッド、左腕に三連装マシンガンが装着されている。

型式番号:YMS-07B-O
全高:18.3m
武装:試作型ヒート・ロッド/三連装マシンガン/ヒート・ホーク/シールド
パイロット:ランバ・ラル


YMS-08B ドム試作実験機

推進機関の開発で高い技術力を誇るツィマット社は、ジオニック社からザク、グフの委託生産を引き受けるのと併行して、モビルスーツの自社開発に着手する。YMS-08B、後に「ドム試作実験機」と呼ばれた機体は、十字型モノアイにヒート・サーベル、熱ジェットエンジンによるホバー推進など、のちのドム系モビルスーツの特徴とも呼べる装備が搭載されていた。なお、YMS-08Bは宇宙仕様も製作されており、それまで地上テストで使用していたYMS-07系の胸部コックピットから、宇宙での運用に対応したオーソドックスなザクタイプに換装された。

型式番号:YMS-08B
全高:約18.0m
武装:ビーム・バズーカ/ヒート・サーベル


SUNRISE ©SOTSU・SUNRISE 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。

ページトップへ