第5話
シャア・アズナブル
(その正体はダイクンの息子キャスバル)

素性を隠して、ジオン公国軍の士官となり、一年戦争の初期からモビルスーツのエースパイロットとして活躍する。階級は中尉。ルウム会戦では特別強襲大隊の指揮官として参加し、後に「赤い彗星」と呼ばれるようになる多大な功績を挙げていく。


セイラ・マス
ジオン・ズム・ダイクンの娘、本名はアルテイシア。医学を志してミランダの病院に勤めていたが、養父テアボロ・マスの病状悪化の連絡を受け、テキサス・コロニーに帰郷する。一年戦争の戦火は、セイラのいるサイド5にも及び、多大な被害をもたらしていく。




アムロ・レイ
テム・レイの息子。宇宙世紀0079年に勃発したジオン公国と地球連邦の開戦も、アムロが住むサイド7では、遠い出来事のように思われていた。しかし、同サイドで秘かに行われていた地球連邦軍の新型機動兵器開発の存在が、その運命を大きく変えることとなる。

カイ・シデン
アムロのクラスメート。留年しているので年齢は少し上。何かとアムロを気にかけるフラウをからかうため、フラウからは不良と呼ばれている。サイド7の開発区の秘密を探るため、アムロやハヤトらを誘い、盗んだホイールローダーで侵入を試みる。