第5話
シャア・アズナブル
(その正体はダイクンの息子キャスバル)

素性を隠して、ジオン公国軍の士官となり、一年戦争の初期からモビルスーツのエースパイロットとして活躍する。階級は中尉。ルウム会戦では特別強襲大隊の指揮官として参加し、後に「赤い彗星」と呼ばれるようになる多大な功績を挙げていく。


セイラ・マス
ジオン・ズム・ダイクンの娘、本名はアルテイシア。医学を志してミランダの病院に勤めていたが、養父テアボロ・マスの病状悪化の連絡を受け、テキサス・コロニーに帰郷する。一年戦争の戦火は、セイラのいるサイド5にも及び、多大な被害をもたらしていく。